2010年10月13日

エクセルでタイムカード計算

エクセルでタイムカード計算の切り上げ切り下げの方法

切り上げには、CEILING関数 切り捨てには、FLOOR関数 が、使用できます。

=CEILING(A2,"0:15") 
=FLOOR(C2,"0:15")

上記の赤色の部分はタイムカードのそのままの時間を入力するセルを指定します。
上記の青色の部分は切り上げや、切り捨てたい時間を入力します。

☆上記の計算式をを入力するセルは セルの書式設定を時刻に変えることを忘れずに!

詳しくは下記で
 http://www.excel.studio-kazu.jp/kw/20090523161808.html


一ヶ月の合計時間を計算させる場合、いつものSAMを使っても大丈夫ですが、表示形式を時刻にしたままだと、
24時間を1と計算してしまうので、  
セルの書式設定を、ユーザー定義 の   [h]:mm     になるように、一番近いものを選んで自分で編集しましょう!
posted by ひでみ at 23:52| 熊本 | Comment(0) | TrackBack(0) | ☆管理人日記☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/165635095
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。